成功するには朝が大切?成功者の朝の習慣と効果

その他ライフハック

どうも、Yaby(@Yaby)です!
今回は成功者が実践している朝の習慣を紹介していきます。

成功者の朝の過ごし方を参考にすることで、一歩でも成功者に近づけるかもしれません!

有名起業家や投資家などが実践している朝の習慣を自分の生活にも取り入れたい、そもそもなぜ成功者は朝方が多いと言われるのかを知りたい方は是非最後まで読んでください。

本当に成功者は朝方が多いのか

成功者の朝の習慣を見ていく前に、本当に成功者は朝方が多いのかという点について話していきたいと思います。

スティーブ・ジョブズ氏は毎朝6時に起床していました。そして、スターバックスのCEOハワード・シュルツ氏は毎朝4時30分に起きているなど、成功者は朝方が多いというイメージがあると思います。

その他にも早起きを実践している成功者は数多くおり、成功者は朝方多い傾向にあるといえます。

実際に、プレジデントONLINEによる調査によると、年収400万円未満では朝型人間が3割程度であるのに対し、年収900万円前後では5割近くが朝型。年収1400万円では6割以上が朝型という結果が出ています。

朝型の定義は人それぞれだと思いますが、成功者の半分以上は朝の時間を有効活用しているということが分かります。

なぜ成功者は朝を大切にするのか

成功者の多くは、朝を大切にするということは分かりました。
しかし、なぜ朝にこだわる必要があるのでしょう?
時間を確保して何かに取り組むなら、昼でも夜でもいいのでは?と考える方も多いと思います。

そこで、朝の時間を有効活用するメリットについて紹介していきます。

1.朝は頭が冴えている

人は、一日の中で脳に入ってきた情報は睡眠時に整理されると言われています。
そのため、朝目覚めたときは脳がリフレッシュされ、頭が冴えている状態となります。

また、朝目覚めてから約三時間は脳が最も効率的に働くとも言われています。

このように朝は人間が創造的な作業をしたりするには適した時間となります。

2.朝の時間は邪魔されにくい

昼間会社にいると、完全に自分の作業に没頭できるわけではありません。
誰かが話しかけてくるかもしれませんし、突然別の作業が降りかかってくるかもしれません。

一方夜は、昼間の予定が想像以上に押したり、友人などと食事に行くかもしれません。

このように、昼や夜はなんらかの影響で予想外に時間を奪われるということが珍しくありません。

それに対して、朝は急な予定が入ったり、電話がかかってきたりなどということが少なくなります

そのため、自分の時間を確保し、集中しやすい時間といえます。

3.ストレス減少につながる

朝起きて朝日を浴びると、「セロトニン」という神経伝達物質が活性化します。
セロトニンは、幸せホルモンとも呼ばれていて、自律神経を整えます。

そのため、朝に運動したり、生活リズムを整えることで、自律神経も整えることができます。

自律神経が整うことで、ストレスの減少や、イライラ、疲労感、体調不良の改善につながります。

精神的な安定や体調管理は、成功者になるうえで非常に重要な要素となります。

成功者の朝の習慣

それではこれから、成功者が行っている朝の習慣を紹介していきます。

その習慣がもたらす効果も紹介しています。

自分が今後取り入れてみたいものはあるか探してみましょう!

1.運動

マイクロソフトのビル・ゲイツ氏や、オバマ前大統領、アップルCEOのティム・クックなど、有名な成功者が朝に運動をしています。運動の種類はウォーキングやランニング、ジムに通うなど様々です。

朝の運動は、先ほど紹介した自律神経を整える効果があります。
また、血行が促進されて、脳が活性化されることで、高い集中力を発揮できます。

その他にも、朝に運動すると夜には適度な疲労が蓄積されるため、夜の睡眠の質の向上にもつながります。

もちろん習慣化させることで、健康維持にもなります。
習慣化させるには、誰にも邪魔されにくい朝の時間が適していると言えます!

2.読書

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏やスターバックスCEOのハワード・シュルツ氏、イーロンマスクなどは、読書家として知られている。

今回は読書に新聞を読むことも含めているが、成功者の多くは、本や新聞を読むことで最新の情報や専門的な知識を身につけている。

朝は頭が冴える時間帯だからこそ、読書から得られる情報を、頭でしっかり分析することが可能となる。

ちなみに、日本人の平均年間読書量は12冊ほどで、月に1冊も本を読まない人は47%となります。

月に1~2冊読むだけで、日本人の半分近くができていない経験ができるということになります。

それは差別化にもつながり、成功者に近づく一歩になるため、おすすめできる習慣といえます。

3.瞑想

スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグ、Twitter創業者のジャック・ドーシーなどをはじめとする多くのビジネスでの成功者が瞑想を取り入れてます。

ビジネスでの成功者だけでなく、イチローやマイケル・ジョーダンなどの一流アスリートも瞑想を取り入れています。

瞑想をすることで、マインドフルネス状態を維持することができます。
マインドフルネスとは、今この瞬間に心を向けるという意味を持ちます。

そう聞くと、なんか胡散臭い感じに聞こえるかもしてません…(笑)

しかし、マインドフルネスはGoogleやApple、Yahoomなどの有名企業でも取り入れられています。

瞑想を行うことで、ストレスの減少や集中力・生産性の向上につながります。

普段、いろいろなことを考えすぎている状態にあります。
マインドフルネスによって、雑多の考えを減らし、脳を休ませたり、効率的に活用することができます!

その他にも、創造力を高める効果があるとも言われています。

今ある状態を受け入れ、未来を創造することが成功に繋がっているのかもしれません。

4.思考を書き出す

ソフトバンクの孫正義氏やウォルマート創業者のサム・ウォルトン氏は、毎朝ノートに自分の思考を書き出すことを習慣としています。

孫正義氏は、発明アイディアを、サム・ウォルトン氏は改善したいことを書き出しています。

自分の思考を可視化させることで、取り組む姿勢が変わり、実現に近づきやすくなります。

まとめ

今回は、成功者が実践している朝の習慣を4つ取り上げました。

その他にも、タスク管理をする、家族と過ごすなど様々な習慣がありました。

成功者は朝の時間を使って、生産性の向上のためのタスク、心と体の健康管理を行っているといえます。

今回取り上げた4つの習慣はどの時間帯でも効果をもたらすと考えます。

しかし、脳が冴える朝だからこそ効果を最大限に発揮できるのかもしれません。

また、習慣化させることが大きな効果に繋がるため、自分の時間が安定的に確保できる朝の習慣としたほうが良いともいえます。

朝にすべてをやるのは難しいかもしれないので、自分が興味を持った何か一つをぜひ取り入れてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました