学生にクレジットカードは必要?クレカを持つメリット・デメリットを紹介

その他ライフハック

こんにちは、Yaby(@yaby)です!

今回は、大学生や専門学生がクレジットカードを持つ必要性や、そのメリット・デメリットについて解説していきます。

筆者自身は、大学時代にファイナンシャルプランナー2級の資格を取るなど、お金への関心があったため、クレジットカードも複数所有していました。

その経験から、学生のクレジットカードに対する向き合い方を紹介していきますので、是非参考にしてみてください!

クレジットカードとは?

クレジットカードとは、最近利用者が増加している、キャッシュレス決済の一つであり、現金を持たなくても支払いができるカードのことです。

一か月などの一定期間で利用した額を、後からまとめて引き落としする仕組みになっています。

事前のチャージが必要ではないため、利用限度内であれば残高不足で決済できないということはありません。

クレジットカードを発行するには、カード会社の審査を通過する必要がありますが、学生でも審査を通過することが可能なクレジットカードも多く存在します!

クレジットカードを持つメリット

現金を持つ必要がない

先ほど紹介したように、クレジットカードは事前のチャージが必要でないため、カードのみを持って買い物に行き、後は自動で銀行口座から引き落とされます。

そのため、ATMでお金をおろす必要がなくなります!

また、カードが入るケースを持てば良いため、コンパクトでミニマルなスタイルで外出することも可能となります。
(カードが使えないところも一部存在するため、少しの現金は持つ場合もあります、、(笑))

ポイントが貯まる

クレジットカードは毎月の利用額に応じてポイントが付きます。

そのポイントは、マイルに交換したり、支払いに使ったり、商品と交換したりと様々な使い道があります!

楽天カードなら楽天ポイントが、三井住友カードならVポイントが貯まるため、自分が貯めたいポイントを軸にカード選びをするのもアリかもしれません。

現金払いだと使用するとそこで終わりですが、クレジットカードならポイントという形で還元されるのは、大きなメリットです!

オンラインショッピングがしやすくなる

Amazonなどのオンラインでショッピングをする場合、クレジットカードを持っていないとコンビニ払いなどを利用してお支払いをすることになります。

しかし、クレジットカードがあれば画面上で支払いが完結し、その日のうちに注文を確定させることができます!

特にAmazonでは、クレジットカードを登録しておくと、1clickで注文確定までいくことも可能です。

今後、オンラインでの買い物やサブスクリプションサービスの利用が増えてくる可能性が高いため、クレジットカードを作っておくと便利かもしれません。



支払い以外でも特典や付帯サービスを受けられる

クレジットカードでは、利用額に応じたポイント以外にも、様々な特典や付帯サービスを受けることが可能です。

例えば、カードを所有しているだけで国内外の旅行傷害保険が付帯されていたり、ゴールドカードなら空港ラウンジの利用などの特典を受けることができます。

また、それぞれのクレジットカード会社が提携している店舗があり、その店舗で買い物をするとポイント還元率が通常の2倍~5倍になるケースもあります!

例えば、三井住友カードでは、セブンイレブンを初めとしたコンビニやマクドナルドなどで買い物をするとポイントが5倍になります。

支出が見える化しやすい

現金で支出を管理しようと思うと、買い物のレシートを毎回もらって家計簿をつけるという方法が一般的です。

クレジットカードなら家計簿をつけることも可能ですが、明細書によって支出を自動的に見える化してくれます。

最近では、アプリで利用額やお店などを確認できるため、簡単に支出を管理することができます!

さらに、家計簿アプリにクレジットカードを登録して、自動的に家計簿をつけることも可能です。

クレジットカードを持つデメリット

使いすぎてしまう

クレジットカードは後払いであり、使った時点では現金が減らないため、つい使いすぎてしまう可能性もあります。

特に大学生は、アルバイトを始めて使えるお金が急激に増えるため、このようなケースが多い傾向にあります。

アプリで利用状況を確認できるクレジットカードならば、引き落とし直前でなくても利用額が確認できるため、使いすぎを防ぎやすくなります!

不正利用のリスクがある

クレジットカードの情報が流出してしまうと、カード本体を紛失していなくても、不正利用されるリスクがあります。

例えば、ECサイトなどにクレジットカードを登録していて、そこからカード情報が漏えいしてしまうこともあります。

不用意に様々なサイトにカード情報を登録すると、リスクを高めてしまうためカード情報を登録する際には、サイトの安全性を確認し、自分自身で把握できる範囲内で登録をするようにしましょう。

またフィッシング詐欺などによってクレジットカードを不正利用されるリスクもあります。

定期的に利用状況を確認し、おかしな点があればその都度カード会社に問い合わせるなどの対策をすることが大切です!



クレジットカードは学生にも必要なのか

これまで紹介してきた通り、クレジットカードは一定のリスクはあるものの、多くのメリットがあるため、カードを所有することをおすすめします。

利用状況を確認することで、支出管理にも役立ちますし、様々なカードを比較したり、お得に利用する方法を調べていくうちにマネーリテラシー向上のきっかけにもなります!

海外での両替の手間を省くことができたり、保険がサービスとして付帯されていることもあるので、旅行に行く機会の多い学生にもおすすめです。

今後、キャッシュレスが今より主流になることが見込まれるため、早いうちからキャッシュレス決済に慣れておくことも大切かもしれません。

クレジットカードの利用額の上限を余分に高く設定しすぎないようにするなど、リスクの管理をしながら、便利なキャッシュレス生活をスタートさせましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました